【ホルン4重奏】ピエ・イェズ G.フォーレ作曲/五十畑勉編曲

G.フォーレ作曲
Gabriel Urbain Fauré

五十畑勉編曲
Tsutomu Isohata

演奏時間:約3分半
グレード:3

【楽曲について】
1887年から作曲が始められ、1888年1月16日、マドレーヌ寺院において、建築家ルスファシェの葬儀に際してフォーレ自身の指揮によって初演されたレクイエムの第4曲である(初演時は5曲構成の第3曲で、現在の7曲構成になったのは1893年版より)。ソプラノ独唱と管弦楽の構成による曲であるが、当時のマドレーヌ教会の合唱団には女性が加わることが許されていなかったため、本曲もボーイソプラノを意識した音域で書かれている。

注文する(WEBSHOPへ)>>

【編曲者について】
五十畑勉 – Tsutomu Isohata
東京音楽大学卒業。同大学研究科修了。アムステルダム音楽院卒業。卒業時にオランダ国家演奏家資格取得。 ホルンを松﨑裕、ヤコブ・スラクター、ユリア・ストゥーデベイカー、ナチュラルホルンをトゥニス・ファン・デル・ズワルトに師事。1991年PMFに参加。2006年よりチョン・ミョンフン指揮のアジア・フィルハーモニー管弦楽団に参加。東京シティフィルハーモニック管弦楽団および東京フィルハーモニー交響楽団を経て、2011年より東京都交響楽団ホルン奏者。つの笛集団、ザ・ホルンカルテットや、安土真弓(名古屋フィルハーモニ交響楽団首席ホルン奏者)とのホルン・デュオ等、ソロやアンサンブルでも活動中。

2021年9月2日