【中古ホルン】Hans Hoyer 801MAL 選定品・美品!!

SOLD OUT!!

安土真弓先生(名古屋フィルハーモニー交響楽団首席奏者)による選定品です。

6か月保証・美品

※参考・・・メーカー希望小売価格:¥704,000(税込)

ドイツのハンスホイヤー社の主力製品であるクノッフタイプのフルダブルホルンです。リーズナブルで高性能と評判で、ここ数年は中学校や高校の吹奏楽部でも大人気のモデルです。この商品は製造年代が新しい個体で、レバーのボールジョイントなどが現行品仕様(3Bリンケージシステム)の物です。

« 1 2 »

 

【仕様】

調子 F – B♭
ボア 11.9mm
マウスパイプ ニッケルシルバー、ゴールドブラス
ベル ミディアムスロート、イエローブラス、ラッカー仕上げ
ロータリー ブラス製4ロータリー、ボールジョイント・アクション(3Bリンケージシステム)
【状態】
ランク:A(美品)
微小なアタリと、凹みの修正痕が点在します。また、ベルネックを脱着した痕跡がありますが、ラッカーが大きく剥離している箇所はなく美品です。純正のリュック式セミハードケースが付属します。こちらは少々スレがございますが、内装とともに解れは無く、使用には差し支えございません。
【選定者について】

安土真弓 – Mayumi Anzuchi
東京芸術大学卒業。ホルンを千葉馨、松田浚良、金星眞、守山光三、石川博達、松崎裕、日高剛の各氏に師事。アフィニス夏の音楽祭にて、アプ・コスター、デイル・クレヴェンジャー、ルカ・ベヌッチ、エサ・タパニの各氏に師事。
2002年の第71回日本音楽コンクールで入選。2005年から名古屋フィルハーモニー交響楽団ホルン奏者。2008年の第77回日本音楽コンクールで2位入賞、岩谷賞(聴衆賞)と増沢賞もあわせて受賞。現在名古屋フィルハーモニー交響楽団首席ホルン奏者。ザ・ホルンカルテットメンバー。名古屋音楽大学講師。


2020年11月29日