イタリア協奏曲BWV971より第1楽章 J.S.バッハ/廣瀬大悟編曲

J.S.バッハ 作曲
Johann Sebastian Bach
廣瀬大悟 編曲
Daigo Hirose

【楽曲解説】

J.S.バッハ(1685-1750)は、ちょうど50歳を迎える1735年に、『クラヴィーア練習曲集』第2巻を出版したが、その第1曲に置かれている「イタリア趣味による」と銘打たれた、二段鍵盤のチェンバロための独奏曲がこんにち通称「イタリア協奏曲」と呼ばれるものである。
複数の演奏グループ(一般的にはソロを担当するグループと、トゥッティを担当するグループに分かれる)が交替、あるいは同時に演奏することで音色や音量の対比を打ち出しながら進んでいく「イタリア様式」が本作では取り入れられている。

出版譜には当時としては珍しく、強弱記号が書き込まれているが、これは二段鍵盤のチェンバロ上においては鍵盤の変換を指示するものであり、これは音量よりも音色の変化を意図したものと考えられる。

第1楽章 ヘ長調:冒頭に聴かれる快活なリズムを持った音型はたびたび回想され、楽章全体に統一感をもたらしている。

 

注文する(WEBSHOPへ)>>


2018年12月18日