「シャコンヌ」無伴奏ヴァイオリンの為のパルティータ ニ短調 BWV 1004より J.S.バッハ/廣瀬大悟編曲

J.S.バッハ 作曲
Johann Sebastian Bach
廣瀬大悟 編曲
Daigo Hirose

【楽曲について】

この曲は「バッハのシャコンヌ」という愛称で単独で演奏されることが多く、ブラームスやブゾーニによるピアノ曲、ストコフスキーや斎藤秀雄による管弦楽など様々に編曲されており、数あるバッハの音楽の中でも特に人気のある楽曲の1つである。

「シャコンヌ」とは16世紀のスペインに由来する舞曲の形式のひとつであり、短いバス声部が反復され、その上部で次々と変奏がおこなわれていくものである。バッハは存命当時は作曲家というより、オルガンの名手としてその名を知られていたが、ヴァイオリンの腕前も相当なものだったといわれる。本作も重音奏法を多用するなど、非常に高度なテクニックが必要とされ、ヴァイオリニストにとっては技量のほどを試される難曲である。

収録CD:「JAPAN XO TROMBONE QUARTET – LIVE SELECTION -」GLCD-1410 ¥1,404

注文する(WEBSHOPへ)>>


2017年2月7日