エリック・イン・ザ・ボックスⅡ E.サティ作曲/廣瀬大悟編曲

E.サティ 作曲
Eric Satie
廣瀬大悟 編曲
Daigo Hirose

【楽曲について】
エリック・サティ(1866-1925)は、フランス北西部ノルマンディ地方の港町オンフルールにて、海運業を営んでいた父アルフレッドと、スコットランド人である母ジェーンの間に生まれる(変わり者の性格は叔父譲りとされる)。8歳のときに教会のオルガニストに音楽の手ほどきを受ける。13歳でパリ音楽院に入学するも馴染めず、読書にふける毎日。20歳を過ぎるころから、モンマルトルのカフェやキャバレーでピアノを弾いて生計を立てた。初期のピアノ作品「ジムノペディ」「サラバンド」等は、ドビュッシーやラヴェルに大きな影響をあたえた。30代の半ばごろにはその名が知られるようになり、ことに若い人々の間で熱狂的な支持を受けた。39歳で「スコラ・カントルム」に学生として入学し、3年のあいだ研鑽を積む。
サティのユニークな存在は詩人ジャン・コクトーの知るところとなり、二人の出会いはスキャンダラスな上演となったバレエ「パラード」へと結実した。

サティはしばしば「20世紀アートの預言者」と評される。拍子記号・小節線を排した自由な記譜法や中世の教会旋法の利用、また「必要以上に主張せず、ただそこにあるだけの音楽」として<家具の音楽>を主張するなど、時代を先取りした要素を含んだ作品を書いた。

この曲集は以下の2曲より成る。

◎定期船のラグタイム … サティのオーケストラ曲の代表作である「パラード」からの1曲。

◎金の粉 … ワルツ調で歌われる、シャンソン風の美しいピアノ曲。

注文する(WEBSHOPへ)>>


2019年1月29日