【トロンボーン4重奏】菊 G.プッチーニ作曲/廣瀬大悟編曲

作曲:G.プッチーニ(Giacomo Puccini)
編曲:廣瀬大悟(Daigo Hirose)

【ジャパン・エックスオー・トロンボーンクァルテット】- Japan XO Trombone Quartet
2005年に栗田雅勝(元NHK交響楽団首席奏者)、若狭和良(エリザベト音楽大学教授)、棚田和彦(群馬交響楽団第一奏者)、黒金寛行(NHK交響楽団)の4人で結成。全国各地でコンサート活動を開催している。

定価:¥2,200(税込)

ご購入はこちらから Online Shopへ

【楽曲について】
イタリア・オペラの巨頭ジャコモ・プッチーニ(1858-1924)による、珍しい弦楽四重奏曲。秋を象徴する日本の花として国民的に愛好される菊は、葬式の祭壇や墓前を飾る花としてもおなじみ。いかにも日本ならではの植物のようだが、平安時代に中国からもたらされたと推定されている。また、葬儀に使用する風習はフランスをはじめとしたヨーロッパでも一般的であり、明治期に日本に伝来したものである。1890年、プッチーニのパトロンとしてその創作活動を支援してきたスペイン国王アメーデオ1世が急死の報を受け、その追悼のために、一晩でこの曲を書いたと伝えられている。厳粛で沈鬱なムードの中に、こみ上げるような切迫したモティーフが織り交ぜられる。(廣瀬大悟)


【編曲者について】
廣瀬大悟 – Daigo Hirose
富山県滑川市出身。洗足学園魚津短期大学を経て、2001年東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。2006年から富山を活動の拠点とし、独自のプロデュース理念に基づいたステージを制作・発信し続けている。近年の主な公演に「ハナヌスビトの告白」(2014)「脳内焙煎の男」(2015)、「ぶらっく・えぷろん奇譚」(2016)など。トロンボーンクァルテット・クラールのメンバーとして全国6都市で公演を行うほか、Brass Collection、滑川トロンボーントリオなどのローカルユニットでの活動も積極的に行っている。その他、FMとやま「レクサス富山 AMAZING CLASSIC」パーソナリティ、富山市民プラザ主催「クラシック“逆引き”音楽事典」講師、同「音符のおしゃべり」プロデューサー、「クラシックの雫 富山の若き演奏家たちによる室内楽コンサートシリーズ」総合副プロデューサーなど、演奏以外にも活動のフィールドを拡げている。
いっぽうで、トロンボーンアンサンブルを中心とした、管楽室内楽のための編曲を大学在学中より手がけてきた。ジャパン・エックスオー・トロンボーン・クァルテットへの編作提供のほか、洗足学園音楽大学トロンボーン会、山梨トロンボーン倶楽部、仙台トロンボーンフェスティバル、宮村和宏(オーボエ奏者)、ゆめはっと・ジュニア・ウィンド・オーケストラなど、多くの個人・団体から委嘱を受けている。
石川県小松市立高等学校芸術コース非常勤講師。(一社)富山県芸術文化協会平成27年度奨励賞受賞。


2022年2月11日