序奏とパッサカリア ニ短調  M.レーガー作曲/廣瀬大悟編曲

M.レーガー 作曲
Max Reger
廣瀬大悟 編曲
Daigo Hirose

【楽曲について】
ドイツの作曲家、マックス・レーガー(1873-1916)は、マーラーやリヒャルト・シュトラウスのほぼひとまわり下の世代に属し、後期ロマン派から近代へ移行する時期に活躍した。音楽学者リーマンの門下生として音楽理論を学んだのち、ミュンヘン、ライプツィヒなどを拠点として、旺盛な作曲活動を行った。また、レーガー自身も優れたオルガニストとして演奏活動も盛んに行っており、彼がオルガンのために作曲・編曲した数々の作品は、ドイツロマン派のオルガン音楽の一つの頂点として、現在に至るまでオルガン曲の重要なレパートリーとなっている。

壮麗なイントロダクションと精巧なテーマ変奏から成る「序奏とパッサカリア ニ短調」は、1899年に書かれたオルガンのための独奏曲。古典的な変奏曲形式を用いつつもその拡張された和声感は、レーガー特有の物である。

注文する(WEBSHOPへ)>>


2017年2月7日