出版楽譜

 廣瀬大悟氏の書き下ろしによる、ジャパン・エックスオー・トロンボーン・クァルテット(JXTQ)や、トロンボーン・クァルテット・クラール(TQK)のオリジナルレパートリーも取り扱っております。

 ジャパン・エックスオー・トロンボーンクァルテット(JXTQ)は2005年に栗田雅勝(NHK交響楽団)、若狭和良(エリザベト音楽大学准教授)、棚田和彦(群馬交響楽団第一奏者)、黒金寛行(NHK交響楽団)の4人で結成。全国各地でコンサート活動を開催している。その演奏は「柔らかくもあり緊張感もあり、明るく美しく、重厚で倍音を多分に含んだハーモニーである。また、4人の絶妙なテクニック、多彩な表現力、充分なダイナミックスの幅を持たせた豊かな響きは決して飽きる事はない」と高評され、数多くの観衆を魅了している。

トロンボーン・クァルテット・クラール(TQK)は、2005年の「第1回トロンボーンクァルテットコンクール・イン・ジパング」での優勝を皮切りに活動を開始。メンバーは今込治(上野学園大学非常勤講師)、上田智美(東京室内管弦楽団)、廣瀬大悟(小松市立高校芸術コース非常勤講師)、黒金寛行(NHK交響楽団)で構成されている。軽妙な演出構成と全曲暗譜によるレギュラーコンサートが話題を呼んでいる。